マネー、著作権、愛

創作、学習、書評など

契約

あなたの作品がハリウッドで映画化!?~悲劇の契約~(3)奪われた名声と大金

日本原作のハリウッド映画化。 満足できる契約条件にたどり着くまでの道のりは遠い。 ここまでは2つのパターンの悲劇を見てきた。 ・映画が制作されず、塩漬けになるケース ・映画は制作されるが、無残な姿に改変されるケース 今回は3つめのパターンを見て…

あなたの作品がハリウッドで映画化!?~悲劇の契約~(2)原作レイプ

日本の作品を原作にしたハリウッド映画。 契約交渉は非常にハードになる。 今回は別パターンの悲劇を見てみよう。 今度こそ! 先週登場した角野君を思い出してほしい。 契約に失敗し失意のうちにマンガ出版社の芸漫社をやめてしまった。 やる気を無くし、お…

あなたの作品がハリウッドで映画化!?~悲劇の契約~(1)

『名探偵ピカチュウ』、『ゴジラ』、『アリータ』など、 日本原作のハリウッド大作に注目が集まっている。 子供の頃に日本の作品に夢中になっていた世代のアメリカ人が成長し、 映画プロデューサーとしての権限を持つようになり 「大好きだったのマンガを俺…

悪魔の契約 ~ 著作権譲渡について

今回は、一部のクリエイターから忌み嫌われている 「著作権譲渡」について、ちょっと考えてみよう。 クリエイターの目線から あなたはフリーの若手イラストレイターだ。 自分の仕事に誇りを持っている。 ある日、塗装業の会社から依頼が来た。 「弊社は塗装…

契約書はアートだ!(5) 作品を使わせてもらう場合

バーバリー、イソジン、リッツ、オレオ 「バーバリー」と言えば、イギリスの高級コートだ。 「イソジン」と言えば、日本中で親しまれている「うがい薬」だ。 「リッツ」「オレオ」と言えば、みんなが大好きなお菓子だ。 これらに共通する「あること」を知っ…

契約書はアートだ!(4) あなたの作品を使わせてください!と言われた場合

前回は「新規で発注を受けた場合」の契約書について解説した。 今回は「すでにある作品を使わせる場合」について考えてみよう。 「あなたのキャラクターをゲームアプリに使わせてください!」とか、 「あなたのブログを出版させてください!」のようなケース…

契約書はアートだ!(3) 依頼を受けて作る場合

新時代を迎えました。 令和の世では、 これまで以上に素晴らしく多様な文化作品が生まれることを願っています。 読者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。 場合分け 前回に引き続き、契約書との向き合い方について考えてみよう。 ここからは先は、場…

契約書はアートだ!(2) 基礎編

アベンジャーズ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観てきた。 いやー、恐れ入りました。 とにかく作りが丁寧。 これだけ大量のキャラクターが入り乱れて戦っているのに、 それぞれの個性を生かした見せ場がしっかりとある。 ヒーローのコラボ作品にありが…

契約書はアートだ!(1) 心構え編

契約書クイズ 今回は、今までで一番実用的な話をしたい。 契約書との向き合い方についてだ。 あなたがフリーで活動しているクリエイターだとしよう。 どこかの企業から取引の話が舞い込んでくる。 「わが社のウェブをデザインしてほしい」という話かもしれな…