マネー、著作権、愛

創作、学習、書評など

炎上

金魚を電話ボックスに入れてもOK!/JASRACの潜入調査を擁護する

以前書いていた記事に関連する出来事が 立て続けに起きた。 話題は2つある。 ・金魚電話ボックス事件の裁判の内容が判明した。 そして、がっかりした。 ・JASRAC(ジャスラック)が 音楽教室に❝潜入調査❞していたことがニュースに。 それって話題にするほど…

「KIMONO(キモノ)」ブランドが炎上した本当の理由

「KIMONO(キモノ)」の炎上 アメリカのセレブであるキム・カーダシアン氏が 補正下着の新ブランドを立ち上げた。 ブランド名は「KIMONO(キモノ)」だ。 彼女が商標登録出願をしたところ、炎上した。 「KIMONOは日本の伝統衣装であって下着ではない!」 「…

日本の文化を強くしよう。

あけましておめでとございます。 昨年の12月の記事では、 マンガ『ONE PIECE』の制作体制や、著作権の管理のあり方について扱った。 www.money-copyright-love.com すると、先日放送されたテレビ番組『ホンマでっか!?TV』で、 尾田栄一郎氏の自宅とアト…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(7)

最初からこうしていれば・・・ 前回までの記事で、 東京オリンピックエンブレムのパクリ疑惑、ネットを中心に広がった狂騒、 大会組織委員会(以下、組織委)のミスと敗北の顛末を見てきた。 今回は、 「組織委は最初からこうしていれば良かったのに・・」と…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(6)

歴史的な大炎上 前回の記事では、東京オリンピックエンブレムのことを 「著作権侵害だ!」と訴えたベルギーのデザイナー、オリビエ・ドビ氏が、 ついに裁判に向けたアクションをとったことを書いた。 そして大会組織委員会(以下、組織委)が そのまま大会の…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(5)

ついに訴訟へ! 前回までの記事では、 「東京オリンピックエンブレム」と「サントリー・トートバッグ」について、 「パクリだ!」と騒ぎになったものの多くは、法的に問題ないものだと説明した。 特に東京オリンピックエンブレムについては、 問題ないものだ…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(4)

他にもパクリ疑惑が 前回のまでの記事では、 ドビ氏に❝パクリ疑惑❞をかけられた東京オリンピックエンブレムが、 商標権・著作権の両面で、問題なかったことを見てきた。 騒動はこのまま治まるかと思われたが、想定外のところから問題が浮上する。 サントリー…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(3)

前回の記事では、東京オリンピックのエンブレムに対して ドビ氏が「著作権」を根拠に使用停止を求めたこと、 そして、ドビ氏にとってはそれが勝ち目の少ない戦いだったと書いた。 今回は、なぜドビ氏が勝つ可能性が低かったかを説明したい。 今回の記事を読…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(2)

知的財産のメジャーどころを、ざっくり理解 前回の記事では、 東京オリンピックのエンブレムマークの❝パクリ疑惑❞が浮上したときに、 大会の組織委員会(以下、組織委)は正しい初期対応をしたことを説明した。 今回の記事を読めば、 知的財産と呼ばれるもの…

迫る東京オリンピック!今こそ、あの「パクリ疑惑」のモヤモヤを解消する(1)

何が問題だったのか? 想像してほしい。 あなたが、この事件の当事者だったとしたら。 あなたはどんな対応をしただろうか? あなたはこの騒動を、どう分析しただろうか? そして、最後にどんな判断を下しただろうか? 「東京オリンピックエンブレム、パクリ…